×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語・日本語(英日、日英)翻訳のほむほむ

翻訳料金について

英語→日本語翻訳料金について

 

1文字辺り1ワード(英語)あたり20円。(1万ワードの場合20万円)

 

納期・・・応相談(1週間程を予定)

英語の翻訳を正確にするために

 

携帯メールの普及もあり、いつでも、どこでも、メールが楽しめる時代になりましたが、なかには、笑って済ませない「誤変換」もあり、送信後に真っ青になることもあります。
このような「誤変換」は、ネット上でも注目されており、具体的な事例をあげるとキリがありませんが、お互いの関係の修復が不能になるなど大変重い内容もあるため、とても他人事とは思えません。

 

また、ネットショップの利用は海外にも及ぶため、日本語が通じない場合は、商品の購入や代金の支払方法などで「やり取り」をするときに戸惑う事態もでてきます。
このようなとき、英語の翻訳の正確さが求められますが、自分でわかる単語をつなぎ合わせた感じで、急ぎの返事が必要だと思われる場合は焦ってしまいますね。

 

そんなときに役立つ「英語を翻訳するサイト」が注目されていますが、翻訳の正確さについてはいろいろな意見があります。
もちろん、英語の翻訳の正確さにこだわらなくてもいい場合は、自分のイメージで捉えることもできますもで、正確さについては個人の「性格」も関わってくると思われます。

 

ちなみに、英語の翻訳の正確さを知る方法として、英語から日本語に翻訳した結果を自動的に英語に再翻訳できるサイトもありますので、参考にすることをお勧めします。

英語を翻訳するサイト

 

世界を舞台に活躍するためには、複数の言語を理解して活用できることが大切ですが、やはり、「英語ができる人」は、いつの時代でも大変貴重な存在です。

 

英語を見聞きする機会はいろいろなシーンにあり、基本的な単語の理解ができると、断片的であっても全体像をイメージすることが可能です。
しかし、英語で書かれたメッセージをきちんと把握するためには、全体像を意識しながらも正確に翻訳する必要があります。

 

そんなとき注目されているものに「英語を翻訳するサイト」があり、「無料サイト」をはじめ、いろいろな便利機能を備えているものが数多く存在します。

 

たとえば、複数の「英語を翻訳するサイト」の比較ができるWebアプリがあり、正確さを知る目安にもなります。
また、英語から日本語だけでなく、日本語から英語に翻訳できるサイトや、英和辞書、和英辞書などを無料で検索できるサイトも注目されています。

 

ほかにも、テキストやウェブページの翻訳サービスを行っているサイトもあり、中国語、韓国語、フランス語など、身近な言語を相互に翻訳できる便利さでも注目されています。

 

英語を学ぶためには、自分で意味を調べてきちんと理解することが大切ですが、急ぎの場合などは、ネット上で紹介されている「英語を翻訳するサイト」の活用をお勧めです。

日本語を英語に翻訳する

 

インターネットの普及により、全世界をリアルタイムで結ぶことができ、海外留学や出張をしている家族とのやりとりなどにも大変重宝されています。
また、海外のネットショップで買い物ができるなど、現地まで足を運ばなくてもいいメリットも注目されていますね。

 

その反面、なんらかのトラブルがあったとき、「ことばの壁」で躊躇することもあり、日本語を英語に翻訳することの重要性が問われています。

 

ネット上には、日本語を英語に翻訳する依頼も掲載されていますが、それらの事例からも、翻訳の需要が注目されていることがうなずけます。
具体的には、英語で自己紹介をする、外国の子に手紙を出したい、ネットショップからのメールの意味を知りたいなど、内容も依頼する年齢層も多岐に渡っています。

 

また、そのような内容のサイトを閲覧する人数はかなりの数になるのですが、実際に、回答を寄せている人は数えるくらいしかありません。
つまり、日本語を英語に翻訳するという作業は、中学や高校で英語を学んでいるとできるような気がしますが、いざ、自分が行うにはハードルの高さがあることがわかります。

 

このように、日本語を英語に翻訳できる人は、いろいろな場面で注目されていますので、これを機に「昔取った杵柄」の有効活用をお勧めします。

リンク集

 

ライター募集・求人のウェブライター・ジェイピー・・・フリーライター,SOHO,在宅ワーカーの為の案件ライター専門マッチングサイト。